このページは、コピペのまとめが管理しています。
  このページは、コピペのまとめが管理しています。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いわば、サメはナイフを持ってはいるが運動不足のチンピラ、

633:マンセー名無しさん:2011/05/18(水) 23:35:32.27 ID:T2BR42c9

サメは身体の構造上、左右に身をくねらせることは出来ますが、上下方向にはほとんど動きません。
また、腎機能が強くない為に、筋肉に疲労が溜まると回復に時間がかかります。
これらの理由から、サメは左右方向の転回は得意ですが上下への機動は遅く、
全力での運動も長時間の激しい運動も嫌う傾向があります。
歯は極めて鋭いものの、軟骨魚類である為に骨格の剛性が低く、
体当たりも正面からでなく横腹を当てる様なかたちをとります。

対してイルカ等の小型のハクジラ類は、肺呼吸からくるガス交換効率の高さ、
骨格や尾びれが上下に大きく動くことから、左右はもちろん上下方向にも素早く動く事が出来、
サメと比較にならないほど強度の高い骨格と、密度の高い筋肉から、
サメの死角となる下側を狙っての高速の体当たりを、高い威力をもって行う事が可能なのです。
ただし、アゴや歯は比較的脆弱な為、サメの様に噛みつきを攻撃に使うことはあまりありません。

いわば、サメはナイフを持ってはいるが運動不足のチンピラ、
イルカは素手の重量級プロボクサーといったところでしょうか。


全部でまかせですけど
関連記事
ブログパーツ [ 2013/10/28 19:24 ] (・ε・) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://punipunikopipe.blog.fc2.com/tb.php/7209-88f77ce7






クラリチン アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name/html