このページは、コピペのまとめが管理しています。
  このページは、コピペのまとめが管理しています。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

俺は病床のオヤジに言った。オヤジは小さくうなずき、

244 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[] 投稿日:2013/08/24(土) 18:14:50.79 発信元:206.223.150.45 [31/43]
俺は小さい頃からずっとオヤジの跡を継ぐように言われてた。
真面目でコツコツ仕事をこなす職人気質のオヤジに反発していた俺は  
高校卒業と同時に家を飛び出し上京。
パンクバンド結成を目指して楽器屋、ライブハウス等でメンバー場集のチラシを貼り、雑誌にも投稿した。
そうやって行動したかいもあってか、比較的すぐメンバーは集まった。

運良く結成3年目に某パンク系インディーズレーベルからCDを出したもののCDは全く売れず、また大して話題にもならず、
次第にメンバー間も冷えきっていった。
それから2年ほど細々と単発的なライブ活動をした後解散した。
だが、田舎に帰るのだけは絶対に嫌だった俺は
あちこちをまわり頭を下げまくって音楽の仕事を回してもらった。
どんな小さな仕事でも相手が思っている以上の品質の仕事をするように心掛けた。

バンドを解散して4年、ようやくこれからも音楽の仕事で食っていけるなと
感じ始めた先月のはじめ、オフクロからの電話でオヤジが倒れたこと、
もう長くないということを知った。

俺に迷いはなかった。
この数年、人に頭を下げる毎日でオヤジの偉大さを身に染みて感じるようになっていたからだ。
俺はすぐにアパートを引き払い田舎に帰った。

「音楽は全然ダメだった。今さらかもしれないがオヤジの後を継ぎたい」
俺は病床のオヤジに言った。オヤジは小さくうなずき、
「まあ、がんばってみろ」と答えた。
俺とオヤジの頬には一筋の涙が伝っていた。
それから3日後にオヤジは息を引き取った。

俺はオヤジの跡をついでハイエナ専門のパチンカーになった。
オヤジが死ぬ前に伝授してくれた最新のハイエナ法を毎日実践している。
これからはパチンコ屋の中で資金が尽きた客がやむを得ず退席した台に座って稼いでいきたい。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://punipunikopipe.blog.fc2.com/tb.php/7195-958130ba






クラリチン アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name/html