このページは、コピペのまとめが管理しています。
  このページは、コピペのまとめが管理しています。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4歳の頃、祖父が死んだ。

130 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/02/12(日) 13:30:19.87
4歳の頃、祖父が死んだ。
葬式に出て出棺の時に「これからどこに行くの?」と訊ねた私に、
「おじいちゃんを焼きに行くんだよ」と父。何の事だかさっぱりわからず寝てしまい気が付くと家に。
しばらくして「ご飯よ」と母。で、その時のメニューが豚の生姜焼き。
急に感極まった父が泣きながら食っているので、
その肉を間違いなくおじいちゃんだと思って食べはじめた私。
私は祖父が大好きだったので、「おじいちゃんおいしいよ」って言うと、
父はさらに激しく泣き始め、母が驚いて「おじいちゃんが見えるの?」と私に聞き、
目の前にある肉が祖父だと確信している私は「おじいちゃん、目の前」と答えると、
両親は二人で泣き出し、私も泣き出し、どうしようもないお馬鹿家族状態に・・・
(豚の生姜焼きは祖父の大好物だったのを知るのはその10数年後)
それから肉が我が家の食卓に上がると私は決まって「誰?これだ~れ?」と訊いてた。
関連記事
ブログパーツ [ 2013/10/18 20:56 ] なんか気になる | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://punipunikopipe.blog.fc2.com/tb.php/6998-96c715da






クラリチン アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name/html