このページは、コピペのまとめが管理しています。
  このページは、コピペのまとめが管理しています。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遠くない未来に、笑わない人間が、この世からなくなることを信じている。

148 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2013/09/18(水) 02:39:46.12 ID:Go+MQzJW0
志村へ

この手紙をもって、僕のお笑い芸人としての最後の仕事とする。
まず、ドリフのお笑いを分析するために、萩本欽一に批判的視点での論評をお願いしたい。
以下に、お笑いについての愚見を述べる。
客の笑いを掴む際、第一はあくまでコントであるという考えは今も変わらない。
しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであるように、加齢による体力低下で思うように動けない芸人がしばしば見受けられる。
その場合には、トークを含む動かなくてもできる芸が必要となるが、残念ながら、未だ満足のいく成果には至っていない。
これからのお笑いの飛躍は、コント以外の芸の発展にかかっている。
僕は、君がその一翼を担える数少ない芸人であると信じている。
能力を持った芸人には、客を爆笑の渦に引きずり込む責務がある。
君にはお笑いの発展に挑んでもらいたい。
遠くない未来に、笑わない人間が、この世からなくなることを信じている。
ひいては、僕の葬儀の後、僕の死を君のネタの一石として役立てて欲しい。
屍は生ける師なり。

なお、自らお笑いの第一線にある者が人を笑わせることができず、悲しみを与えて去ることを、心より恥じる。


いかりや長介
関連記事
ブログパーツ [ 2013/10/08 20:20 ] (・∀・) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://punipunikopipe.blog.fc2.com/tb.php/6810-dbe60183






クラリチン アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name/html