このページは、コピペのまとめが管理しています。
  このページは、コピペのまとめが管理しています。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

誰も稼いでないけど、町中の誰もが借金を返し終わり、町は活気を取り戻した。

寂れた町へ、一人の旅人がやってきた。

旅人は町に一つしかない宿屋に入り、 受付のカウンターに100ユーロ紙幣を置くと、
部屋を選ぶために2階へ上がって行った。

それを見届けると、宿屋の主人は旅人が置いた金をひっ掴み、借金返済のために肉屋へ走った。
肉屋は受け取ったばかりの紙幣を持って養豚業者へ走り、100ユーロの借金を返した。
養豚業者はその紙幣を握ると、つけにしてある餌代と燃料代を払うために問屋に走った。
問屋は100ユーロを手にすると、不景気にもかかわらず、つけでお相手をしてくれる
町の娼婦に返そうと、彼女のもとに走った。
娼婦は手にした現金を懐に入れて宿屋に走り、カモを連れ込む際に借りた部屋代を返済した。
宿屋の主人は100ユーロ紙幣を受け取り、受付のカウンターに置いた。

それから間もなく、部屋をチェックして2階から降りてきた旅人が、どの部屋も
気に入らないと言って100ユーロ紙幣をカウンターから取り上げ、町を出て行った。
誰も稼いでないけど、町中の誰もが借金を返し終わり、町は活気を取り戻した。
関連記事
ブログパーツ [ 2013/09/16 21:50 ] (・∀・) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://punipunikopipe.blog.fc2.com/tb.php/6149-f20267d4






クラリチン アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name/html