このページは、コピペのまとめが管理しています。
  このページは、コピペのまとめが管理しています。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

それで目が醒めたんだよ。こんなひょろくてチビな奴ら目じゃないって事に。

417:彼氏いない歴774年 :2009/07/04(土) 22:07:39 ID:EYfRlkP6 [sage]
>>402ですが、長くなりそうで省いた反撃出来たきっかけ。

当時、小6で悪知恵も性格も最悪な時季に全力で虐められていた。
リコーダーをトイレに投げ込まれたり、宿題のプリント(記入済み)を捨てられたり、水着を隠してプールに
入れないようにされたり・・・今思えば死ぬ程辛かった。
でも、×美とそのとりまきには逆らえずに泣いているしかなかった。
そんなある日、先生がお葬式か何かで休みで、代わりに養護教員が1日授業をやった。
例の如く宿題の漢字ドリルを隠されて提出出来なくて、今日も立たされて授業かと思った。
しかし、養護の先生はどうやらダウソ症の女の子から事情を聞いていたらしく、立たされなかった。
そして国語の授業のさわりで先生がこんな話をした。
インドネシアの象は小さい時から、鉄の鎖を繋がれ、簡素な小屋で飼育される。
赤ちゃんの象はどんなに外そうとしても鎖は切れないし、小屋を壊す事も出来ない。
そうして大人になった象は、本当は鎖を切って小屋を壊して逃げる力があるのに、逆らえないと思い込んで
本当の力をふるわなくなってしまう。本当は力があると気付いたら、象さんはどうするでしょう?
という内容だった。
それで目が醒めたんだよ。こんなひょろくてチビな奴ら目じゃないって事に。

だからここの人達も、そういう状況の人が居れば人に飼われる象のままでいて欲しくないな。
そろそろスレチなんでどっか行きます。
関連記事
ブログパーツ [ 2013/04/01 18:46 ] (・∀・) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://punipunikopipe.blog.fc2.com/tb.php/5670-6abcbe63






クラリチン アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name/html