FC2ブログ
  このページは、コピペのまとめが管理しています。
  このページは、コピペのまとめが管理しています。




いつしかそこは「おかずの踏切」と呼ばれるようになった。

3 名前: 名無しさん@十一周年 投稿日: 2010/11/06(土) 08:53:21 ID:cpl3FEir0
ある街の商店街を分断するように鉄道が走っていた。
そこにはほとんど遮断機の上がらない、いわゆる「開かずの踏切」があった。
おかげで毎日、商店街には踏切で待たされる車や人で混雑し、商店主は困っていたのである。
そこである惣菜屋の主人が一計を案じた。
「駅のホームで電車を待つ間に駅弁を買う人がいる。ならば、ここで電車の通過を待つ人にも
食べ物が売れるはずだ」と。
そこで主人は昔の駅弁の立ち売りの格好に扮し、惣菜を売り始めたのである。
踏切前の惣菜売りは評判となり、いつしかそこは「おかずの踏切」と呼ばれるようになった。
関連記事
ブログパーツ [ 2013/01/06 20:00 ] (*´ェ`*)ポッ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://punipunikopipe.blog.fc2.com/tb.php/3933-80434ac7






クラリチン アクセスランキング ブログパーツ name/html