FC2ブログ
  このページは、コピペのまとめが管理しています。
  このページは、コピペのまとめが管理しています。




それを聞いたマッカーサーは朝のブリーフィングで紹介し、こう語った。

863 名前:本当にあった怖い名無し メェル:sage 投稿日:2011/12/23(金) 13:29:23.33 ID:buSXk31D0
>>837
こんなエピソードは知っていますか?
http://www.geocities.jp/asamayamanobore/toribia/1651-1700.html
1681
終戦直後、GHQは日本に対し「軍需品目」としてトラックの製造・使用を禁止した。
「日本の再建にはトラックが必要だ!」と憤慨した運輸省の官僚はGHQの
係官に強硬な申し入れを行ったが、係官は首肯せず議論は平行線。
決裂寸前の時、日本の官僚はその場にあった万年筆を自分の手に力いっぱい突き刺し、
鮮血の噴き出す手を米係官に突きつけて叫んだ。
「ペンであっても武器にもなれば人の意思を伝える道具にもなるではないか!」
あっけにとられた係官の前で彼はペンを引き抜くと用紙の裏に何やら字を書いた。
そこには「SORRY I WANT PEACE」と書かれていた。係官は善処を約束し、後日その約束は果たされた。
それを聞いたマッカーサーは朝のブリーフィングで紹介し、こう語った。
「敗戦国とはいえ日本にはまだまだ恐るべき男たちがいる」
関連記事
ブログパーツ [ 2012/12/12 15:23 ] (・∀・) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://punipunikopipe.blog.fc2.com/tb.php/3701-7a0533d8






クラリチン アクセスランキング ブログパーツ name/html