このページは、コピペのまとめが管理しています。
  このページは、コピペのまとめが管理しています。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「世界が我々について知ることはあるまい・・・」

318: 本当にあった怖い名無し:2006/06/05(月) 20:39:27 ID:qZ5S8ofc0
宇宙開発競争華やかなりし頃、ガガーリン少佐が宇宙一番乗りを果たしたわけだけれど
かれ以前に有人衛星が打ち上げられたことがある・・・という話を
リア消のころ読んだことがあるなぁ。

アメリカもソ連もまだ有人衛星を打ち上げていなかった時代
アメリカで宇宙からの電波を受信中、ロシア語で男女の話し声が通信されてきた。

「もう故障を修理できる希望はない」
「わたしたちはこうして手をつないでいます」
「世界が我々について知ることはあるまい・・・」
詳しい会話内容はわすれたけど、その通信も途中でブツッと切れてしまったようだ。

ガガーリンの成功も「成功したから」報じられた、とも思えるし
なによりアメリカを出し抜くことに血道をあげていた旧ソ連では
いかにもありそうな話で
子供のころ読んだときはガクブルだったよ。
ウルトラマンのジャミラとダブってしまって。

でも、いざ今になって元ネタを探そうと思っても見当たらないんだよね。
この話、誰か知らないかな。
スポンサーサイト
ブログパーツ [ 2013/03/31 19:46 ] 怖い話 | TB(0) | CM(0)




クラリチン アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name/html